認知度No.1認定ベビーシッターの資格を取得する2つの方法

認定ベビーシッターとは、公益社団法人全国保育サービス協会(旧:全国ベビーシッター協会)が認定しているベビーシッターの資格の一つです。

2000年度から実施された、比較的新しい資格です。
全国の福祉や保育系の大学や短期大学が、認定ベビーシッターの資格を取得できるようにしている所も多く、数あるベビーシッターの資格の中でも知名度が高いです。

認定ベビーシッターの資格取得の方法

認定ベビーシッターの資格を取得する為には「協会が実施する講習を受けて、認定試験に合格する」または「協会が指定した資格取得指定校を卒業する」という二通りの方法があります。それぞれ詳しく説明します。

協会が実施する講習を受けて、認定試験に合格する

研修を受講し、試験を受けて、試験に合格した人が認定ベビーシッターの資格を与えられます。初めに協会が主催する新任研修会と現任?研修会という二つの研修会を受講します。ベビーシッターの基本的な知識から専門知識、技術習得まで幅広い内容を学習します。

新任研修会と現任?研修会は、東京、大阪、名古屋の3ヶ所で別々の日に実施されていて、新任研修会の場合だと、夏と秋頃に3日間連続で行なわれます。

ベビーシッター認定試験は、ベビーシッターや在宅保育の実務経験をもつ18歳以上の人が受験できます。実務経験とは、ベビーシッター(在宅保育)、ファミリー・サポート・センター事業、地方公共団体が実施する家庭的保育制度(保育ママ等)、協会会員が運営する保育施設での経験のことです。「実務」なので「自分の子どもを育児した経験」は含まれません。

認定試験は筆記試験だけ。
研修で使用したテキストの内容から問題が出題されるので、きちんと研修会を受講して、テキストで復習をしていれば合格するのはそう難しくはないでしょう。

試験日は、2013年の場合7月13日の一日で一回のみ。東京、大阪、名古屋の3会場で実施されます。受付は6月中なので、忘れずに申し込むようにしましょう。受験料は11,000円です。試験合格者は、認定登録料として別途4,000円必要になります。

認定試験に合格すれば、全国保育サービス協会から資格登録証が交付されて、協会の認定ベビーシッターとして登録されます。

協会が指定した資格取得指定校を卒業する

保育士や幼稚園教諭の資格習得に必要な専門科目の他に「在宅保育」に関する科目の単位を取得して、学校を卒業(卒業見込み含む)すると、希望者に認定ベビーシッターの資格(登録証)が与えられます。この場合、認定試験を受験する必要はありません。

認定ベビーシッター資格取得指定校は、短期大学や大学のこども学科や幼児教育学科などのように、保育士や幼稚園教諭の免許(学部によっては小・中学校などの教諭免許を取得できる場合もあり)を取得できる学校にほぼ限られています。

福祉系、保育系の学校によっては、認定ベビーシッターを取得できないこともありますが、ベビーシッターに関する需要が高まることで、認定ベビーシッターの資格を取得できる学校は増えていくように思います。

資格取得指定校一覧(平成24年9月現在)

学校名学部・学科名所在地
釧路短期大学幼児教育学科北海道釧路市
高崎健康福祉大学人間発達学部 子ども教育学科群馬県高崎市
高崎健康福祉大学 短期大学部児童福祉学科群馬県高崎市
育英短期大学保育学科群馬県高崎市
関東短期大学こども学科群馬県館林市
川口短期大学こども学科埼玉県川口市
千葉敬愛短期大学初等教育科千葉県佐倉市
東京家政大学家政学部 児童学科 育児支援専攻東京都板橋区
星美学園短期大学幼児保育学科 専攻科 幼児保育専攻東京都北区
東京成徳短期大学幼児教育科東京都北区
有明教育芸術短期大学子ども教育学科東京都江東区
目白大学人間学部 子ども学科東京都新宿区
昭和女子大学人間社会学部 初等教育学科東京都世田谷区
日本体育大学女子短期大学部 専攻科保育専攻東京都世田谷区
上智社会福祉専門学校保育士科東京都千代田区
帝京大学教育学部 初等教育学科東京都八王子市
聖セシリア女子短期大学幼児教育学科神奈川県大和市
日本福祉医療専門学校こども保育学科新潟県新潟市
大垣女子短期大学幼児教育科岐阜県大垣市
中部学院大学短期大学部 幼児教育学科岐阜県関市
大阪総合保育大学児童保育学部児童保育学科大阪市東住吉区
大阪城南女子短期大学総合保育学科大阪市東住吉区
四條畷学園短期大学保育学科大阪府大東市
大阪青山大学健康科学部 健康こども学科大阪府箕面市
大阪国際大学短期大学部 幼児保育学科 保育コース大阪府守口市
聖和短期大学保育科兵庫県西宮市
関西学院大学教育学部 幼児・初等教育学科兵庫県西宮市
奈良文化女子短期大学幼児教育学科奈良県奈良市
奈良佐保短期大学地域こども学科奈良県奈良市
和歌山信愛女子短期大学保育科和歌山県和歌山市
くらしき作陽大学子ども教育学部 子ども教育学科岡山県倉敷市
宇部フロンティア大学短期大学部 保育学科山口県宇部市
高松大学発達科学部 子ども発達学科香川県高松市
純真短期大学こども学科福岡県福岡市
久留米信愛女学院短期大学幼児教育学科福岡県久留米市
福岡こども短期大学こども教育学科福岡県太宰府市

認定ベビーシッターには更新制度あり

認定ベビーシッターの登録証には、5年間の有効期間があります。
資格取得から5年を迎えると更新をする必要があるのです。更新の際は「認定ベビーシッター登録更新申請書」に必要事項を記入して、協会まで郵送で送るだけ。更新手数料として4,000円がかかります。

更新さえしてしまえば、無期限の登録証を発行してくれるので、次回からの更新の必要はありません。また更新時期を過ぎてしまっても対応してくれますが、忘れない内に更新の手続きをすることが大切です。

認定ベビーシッターの資格を取得する為には、年に数回開催される研修会に参加して試験を受けたり、大学や短大に通ったりする必要があり、取得までの道のりはなかなか厳しいように思えます。

しかしながら資格があることで「ベビーシッター利用者から一定の知識やスキルがあることを分かってもらいやすい」というメリットは大きいです。ベビーシッターを本職で仕事をしようと思っている人は、認定ベビーシッターの取得を目指してみてはいかがでしょうか。

カテゴリ:ベビーシッターの資格とは