ベビーシッターの養成講座ってあるの?

ベビーシッターの勉強がしたい!

ベビーシッターになる為に必要な資格はないからか、保育士や幼稚園教諭の資格を得る為の学校や養成講座があまり多くないのが現状です。

  • 子育て経験はないから、ベビーシッターの仕事で必要な知識を学びたい。
  • 将来的に子どもを生み育てたいから、赤ちゃんの扱い方を知りたい。
  • 子育て経験はあるが、最近の育児方法について勉強してみたい。

と思う方に、各会社が開講しているベビーシッター講座をまとめてみました。

ニチイのベビーシッター講座

資格取得講座を数多く手掛けているニチイ学館。
開講開始日が月に何度もあることや、講座を受けられる教室が全国各地にあるのが魅力的です。

受講料:8万9250円(通学)、4万9350円(通信)
*紹介割引制度、学生割引制度、受講経験割引制度の割引もある。
標準受講期間:3ヶ月(通学・週1回、全11回)、4ヶ月(通信)
開講教室:札幌・旭川・釧路・函館(北海道)、北上(岩手県)、いわき(福島県)、水戸(茨城県)、宇都宮・小山(栃木県)、越谷茜(埼玉県)、千葉・松戸・船橋・柏(千葉県)、立川・町田・八王子・新宿・吉祥寺・自由が丘(東京都)、横浜・本厚木・大船・藤沢・川崎・小田原(神奈川県)、富山(富山県)、金沢(石川県)、長野・上田・岡谷(長野県)、岐阜・多治見(岐阜県)、静岡駅前・浜松・掛川(静岡県)、金山(愛知県)、京都(京都府)、梅田・茨木・京橋(大阪府)、三宮(兵庫県)、鳥取(鳥取県)、松江(島根県)、岡山駅前(岡山県)、徳山(山口県)、徳島(徳島県)、高松(香川県)、松山・松山西町(愛媛県)、高知(高知県)、天神・小倉(福岡県)、長崎駅前(長崎県)

通学コースと通信コースで学ぶ内容ほ、ほぼ同じです。また通学→通信、通信→通学と変更可能な編入制度もあります。

それぞれの特徴としては、以下のようなことが挙げられます。
通学コース......講師が講義や実習を行なう。少人数の講座で、グループワークもあり。
通信コース......近くにニチイの教室がなくても受講できる。DVDまたはビデオ教材を使って実技・実習を学べる。課題への取り組みは添削で指導してくれる。

*ベビーシッター講座で注意すべき点は、ニチイの特徴である「就職支援」がないこと。受講して仕事を斡旋して貰えると言うより、ベビーシッターに関する勉強をしに行くと割り切って考えた方が良いかもしれません。

ポピンズナニースクール(ベビーシッター養成講座)

ベビーシッター、子育て支援、介護支援サービスを提供する株式会社ポピンズが開催している養成講座です。ポピンズの経営する保育所で実習を行なえ、仕事の紹介もしてくれます。

受講料:4万2000円(認定証代2万円が別途必要)
受講期間:3ヶ月(週1日、全12回)
開講場所:株式会社ポピンズ本社(東京都渋谷区広尾)

ベビーシッタースクール ベビーシッター資格取得コース

保育士試験対策専門校であるライセンス学院では、保育士講座の他にベビーシッター講座も行なっています。就職支援あり。

受講料:4万2000円(テキスト代込み。入学金1万500円が別途必要)
受講期間:3ヶ月(毎週火曜日、全12回)
開講校:池袋(東京都)、梅田(大阪府)

ヒューマンアカデミーのチャイルドマインダー講座

まず、チャイルドマインダー(Child-minder)について簡単に説明します。
Minderは「世話をする人」のこと。Child-minderは保育士を意味します。

チャイルドマインダーはイギリスが発祥で1990年に国家資格として認められています。「保育士」と言うよりも、家庭における保育の専門家を指すことが多いです。
チャイルドマインダー講座では、保育園や幼稚園のような集団保育ではなく、家庭での子ども一人ひとりの保育に関して専門的に勉強する、という意味合いが強いように思われます。

受講料:34万7000円(テキスト代・入学金3万1500円が別途必要)
受講期間:6ヶ月?(62時間)
開講校:札幌(北海道)、仙台(宮城県)、柏・千葉(千葉県)、大宮(埼玉県)、宇都宮(栃木県)、新宿・銀座・立川(東京都)、横浜(神奈川県)、新潟(新潟県)、静岡駅前・浜松駅前(静岡県)、名古屋駅前(愛知県)、京都(京都府)、奈良西大寺(奈良県)、大阪梅田・大阪心斎橋・天王寺(大阪府)、三宮(兵庫県)、和歌山(和歌山県)、岡山(岡山県)、広島(広島県)、高松(香川県)、福岡・北九州(福岡県)、熊本(熊本県)、鹿児島(鹿児島県)、那覇(沖縄県)


自分にあった講座を選びましょう

会社によって開講場所や講座内容は様々です。

  • 自分の通いやすい所や時間で講座が開講しているか。
  • 受講後の就職支援の有無。
  • 講座内容と受講料が適当か。
  • 本当に講座に通う必要があるのか。

などを総合的に判断して、ベビーシッターとしての第一歩を踏み出してみて下さい。

カテゴリ:ベビーシッターの資格とは