ベビーシッターの求人で採用してもらいやすい4つ+αの資格

ベビーシッターの仕事には、資格の有無はあまり関係ないのですが、ベビーシッターとしてベビーシッター会社に採用される時には、やはり資格を持っていると有利になることが多いです。ベビーシッターとして働く際に、採用してもらいやすくなる4つ+αの資格を紹介します。

保育の資格といえばコレ、保育士・幼稚園教諭

保育士、幼稚園教諭はどちらも国家資格です。ベビーシッターの仕事をする時に、保育士や幼稚園教諭の資格を持っていて、実際に保育施設で働いた経験があると就職の際に優遇されたり、給与も無資格の人に比べて上がったりする傾向にあります。

特に新生児や赤ちゃんのお世話をする仕事は保育士の資格。小学校に入るまでの子ども(幼児)の面倒を見ることが多いような仕事は、幼稚園教諭の資格があった方が「適性がある」と採用の際に有利になることが多いです。正社員でベビーシッターの求人を出している所は、保育士の資格があることを条件としていることもあります。

保育士と幼稚園教諭の違いは?

保育士と幼稚園教諭では、扱う子どもの年齢と、学校で学ぶ内容がやや異なります。

保育士は0?18歳までの乳幼児や児童を対象にした児童福祉に関する資格です。子どもの栄養や健康に関する科目や、児童養護施設や乳児院などの福祉に関する科目の勉強を行ないます。

幼稚園教諭は、3?6歳の子どもの保育と教育を行ないます。「教諭」とあるように「子どもを教育する」という面が保育士より強い傾向にあります。子どもと教育に関する科目が多いのが特徴です。幼稚園教諭には1種と2種があり、短大・専門学校では2種、大学では1種が取得できます。幼稚園の園長先生になるには、幼稚園教諭一種免許状を持っていることが必要になります。

保育士は「保育」、幼稚園教諭は「教育」に携わる仕事だと言えます。遊びや音楽、絵画、工作、運動などを通して、子どもの情操教育を行なう点は共通しています。どちらの資格も保育系の短大、大学、専門学校で取得できます。就職先の幅を広げるという意味でも、保育士・幼稚園教諭免許の両方を取得することが推奨されています。

認知度No.1のベビーシッター資格、認定ベビーシッター

認定ベビーシッターとは、公益社団法人全国保育サービス協会(旧:全国ベビーシッター協会)が認定しているベビーシッターの資格の一つです。全国の保育系の大学や短期大学で、認定ベビーシッターの資格を取得できる所も多く、数あるベビーシッターの資格の中でも知名度が高いのが特徴です。

認定ベビーシッターの資格を持っていると、保育に関する知識や技術を身につけていることを証明することができます。国家資格である保育士、幼稚園教諭の資格に比べれば、認知度や価値は劣ってしまうのですが、ベビーシッターとして働く際のPRとしては、充分に使えます。

認定ベビーシッターの資格を取得する為には「協会が実施する講習を受けて、認定試験に合格する」または「協会が指定した資格取得指定校を卒業する」という二通りの方法があります。「協会が実施する講習を受けて、認定試験に合格する」場合、18歳以上でベビーシッターとしての実務経験が必要になります。

在宅保育のプロの証、チャイルドマインダー

チャイルドマインダーは、イギリスが発祥の家庭的保育を専門に行なう人のことです。
日本ではまだまだ馴染みの薄いチャイルドマインダーですが、託児所、学童保育、訪問保育などで0?12歳までの子どものお世話や教育をするのが主な仕事です。

チャイルドマインダーの資格を持っていると、在宅保育に関する知識や技術を身につけていることを証明できます。保育や子育て経験のある人が、チャイルドマインダーの資格を取得して自宅で保育施設を開業していることも多いので、独立してベビーシッターの仕事をしてみたいと考えている人向けの資格とも言えます。

NPO法人日本チャイルドマインダー協会や、チャイルドマインダージャパンなどでチャイルドマインダー講座を受講して、試験に合格するとチャイルドマインダーの資格を取得できます。

その他ベビーシッターに関する資格

これ以外にもベビーシッターに関する資格としては「ベビーマッサージ」「ベビーセラピスト」、子どもの可能性や潜在能力を引き出す「チャイルドコーチングアドバイザー」、子どもの心の悩みを解決する「チャイルドカウンセラー」などがあります。

ベビーシッター養成講座を行なっている会社が、それぞれ独自のベビーシッターに関する講座を開講していることもあるので、スキルアップの為に受講して資格を取得してみるのも良いかもしれません。

カテゴリ:ベビーシッターとして働く