病児保育も可能なベビーシッター会社5社を紹介

子どもが急に病気になってしまった時、特に高熱が出るような風邪や感染力の強い感染症にかかってしまうと、保育所や幼稚園に預けることができません。

共働きの家庭で、どうしても仕事が抜けられず、誰も休みが取れないとなった場合は、病児保育を行なっている病児シッタ?を利用してみてはいかがでしょうか。かかりつけ医の受診から、自宅での子どもの面倒まで引き受けてくれるので、安心して仕事をすることができます。

病児保育を専門にやっているベビーシッター会社はまだまだ少ないのですが、その中で病児保育も可能なベビーシッター会社5社をまとめてみました。

関西1都2県で利用できるNPO法人フローレンス

フローレンスでは当日の朝の依頼でも100%対応してくれて、90分以内には指定の場所に来てくれます。病児保育専門の保育スタッフが症状に合わせたケアをしてくれます。インフルエンザや水ぼうそうなどの感染症にも対応可能です。

安全安心な保育のため、入会手続きなしではベビーシッターサービスを利用できません。入会するには、Web説明会の参加が必要です。すぐにサービスを利用しないけれど、病児保育の利用枠を確保しておきたい人向けのプランとして「予約会員」があります。入会金21,000円と事務手数料5,250円が必要になりますが、利用するまでは月会費がかからないのが特徴です。

入会金21,000円/人
月会費5,000円?20,000円
月2回目以降の保育料1時間 2,100円
年会費(2年目以降)10,500円/人

フローレンスは月一回分の保育料が含まれた月会費を支払う、月会費制になっています。

対象年齢生後6ヶ月〜小学校6年生
対象エリア東京、千葉、神奈川
保育提供日月曜日〜金曜日(土日祝日を除く)
時間8:00〜17:30
※延長可能時間〜18:30
※深夜特約利用〜20:00

関東、関西、名古屋で利用可能なポピンズ

ポピンズのベビーシッター「ナニーサービス」は関東(東京、神奈川、千葉、埼玉)と、愛知(名古屋)、関西(大阪、京都、奈良、兵庫)でナニー(教育ベビーシッター)を派遣してくれます。普段のベビーシッターサービスだけでなく、病児・病後児保育も可能ですが、症状によっては引き受けられないこともあるようなので、利用の際には確認が必要です。

ポピンズの料金プラン(首都圏)

入会金52,500円
年会費10,500円/人
9:00?17:00の間1時間 2,300円
新生児(生後60日まで)1時間 2,500円
夜間保育
17:00?22:00の間
17:00?22:00の間 +575円/時
深夜料金
22:00?9:00
+805円/時
交通費実費

サービス対象エリア

関東エリア東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城(一部)、軽井沢
東海エリア愛知(名古屋)
関西エリア大阪、京都、奈良、兵庫
新生児(生後60日まで)1時間 2,500円
夜間保育
17:00?22:00の間
17:00?22:00の間 +575円/時
深夜料金
22:00?9:00
+805円/時
交通費実費

平日の病児保育ならル・アンジェ

ル・アンジェでは基本料金プランの他に「病児保育パッケージ」を利用すると、病児・病後児保育を請け負ってくれます。病児保育パッケージは、利用頻度によって月額料金が変わります。

一人あたり月額84,000円?21,000円が別途必要ですが、その代わりに月1回の病児保育や、前日・当日の申込手数料、3時間前までのキャンセル料が無料になります。

サービス提供エリアも、関東を中心として北海道から沖縄までの各地にあるので、比較的利用しやすいのではないでしょうか。

ル・アンジェの料金プラン

入会金52,500円
登録料10,500円/人
通常料金
9:00?21:00の間
1時間 2,625円
21:00?9:00の間1時間 3,150円
土日祝平日料金より15%割増
年末年始・ GW・お盆平日料金より 25%割増
兄弟姉妹の二人同時保育50%割引 3人目は無料
交通費実費

サービス提供エリア

北海道エリア札幌(北海道)
関東エリア東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城
中部エリア軽井沢(長野)
関西エリア京都
九州・沖縄エリア福岡、沖縄

ハニークローバーは非会員でも病児保育を利用できる

ハニークローバーは関東エリアを中心にベビーシッターの請負を行なっています。ベビーシッターサービスは24時間利用可能で、会員登録をしていなくても、前日だけではなく当日でもベビーシッターさんを派遣してくれます。病児保育でも利用料金は変わらず、風邪、インフルエンザ、はしか、おたふく、風疹などの感染症にも対応してくれます。

ハニークローバーの料金プラン

-定期会員非会員
入会金21,000円無料
月会費945円/人無料
8:00?21:00の間
月曜?土曜
30分毎に890円30分毎に1140円
深夜料金
21:00?8:00
30分 +250円
1時間 2,280円
30分 +325円
1時間 2,930円
オーバーナイトステイ
21:00?8:00
12,460円15,960円
10時間パック?
8:00?21:00の間
15,000円
子ども一人での利用料金、
病児保育可
19,000円
一人での利用料金、病児保育可
10時間パック?
8:00?21:00の間
20,000円
子ども二人での同時利用料金
25,000円
子ども二人での同時利用料金

サービス提供エリア
関東エリア 東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城(一部)

大阪の病児保育ならノーベル

NPO法人ノーベルは大阪の大阪市内全域・吹田市南部で病児保育・病後児保育を行なっています。はしか以外の感染症ならば、預けることが可能です。

当日の朝8時までの予約なら100%子どもを預かってもらえます。予約確定から最大90分(大阪市外だと120分)で、ベビーシッターを派遣してくれます。キャンセル料も当日朝7時までは無料です。

初めて利用する時には、ノーベルの説明会に参加して入会する必要があるので、当日や次の日に急に病児シッタ?をお願いすることは難しいと思います。

ノーベルの基本料金

入会金15,750円/人
月会費4,725円?
月会費は子どもの年齢によって異なる
月2回目以降の保育料1時間 1,575円
年会費(2年目以降)5,250円/人

ノーベルは月一回分の保育料が含まれた月会費を支払う、月会費制になっています。

対象年齢生後6ヶ月〜小学校6年生
対象エリア大阪市内全域・吹田市南部
保育提供日月曜日〜金曜日(祝日を除く)
時間8:00〜20:00
※基本プラン 8:00〜18:30
※延長保育プラン 18:30〜20:00

オマケ:全国病児保育協議会で病児保育施設を探す

病児保育をしてくれるベビーシッターが見つからない場合は、一般社団法人全国病児保育協議会のサイトの「病児保育施設一覧」から、全国の病児保育をしている施設を探す方法もあります。

病児保育施設としては小児科医院や保育所などがあり、病児保育に必要な着替えや処方箋などを持参すれば、当日はその保育施設で面倒を見てもらえます。

病児シッターも、病児保育施設もそれぞれ料金はかかってしまうので、なかなか利用しにくいのが現状です。仕事を休めない働く親御さんの為のセーフティーネットとして、万が一に備えて覚えておいても損はないと思います。

カテゴリ:ベビーシッターを雇う