無料で利用できるベビーシッターのマッチングサイトまとめてみた

ベビーシッターを利用したい人と、ベビーシッターとして働きたい人を、ネット上で結びつけるのがベビーシッターのマッチングサイトです。会員登録の手数料、サイト利用料は無料です。ベビーシッター会社からの斡旋ではなく、マッチングサイトで見付かったベビーシッターと個人契約をして仕事をしてもらいます。

全国各地の人がマッチングサイトに登録しているので「ベビーシッターを頼みたいけど、住んでいる所が田舎で、ベビーシッター会社のベビーシッターサービスエリア外の為に利用できない」というようなミスマッチが起こりにくくなっています。いくつかあるベビーシッターのマッチングサイトと、その特徴を紹介します。

マッチングサイトの利用方法

ベビーシッターを依頼する人は、会員登録後にベビーシッターのプロフィールや条件を見て、自分の希望条件に合うベビーシッターに連絡を取り、個人間で面接を行なって契約を結びます。保険の加入や損害賠償に関しても、面接や連絡のやり取りの際に確認しておくと、後で面倒なトラブルが起こることを避けることができます。

ベビーシッターとして働きたい人は、会員登録後、プロフィールを見た依頼主から仕事依頼のメッセージが届きます。依頼主とのやり取りを行なった後、実際に会って仕事内容や給与を確認して契約を取り交わします。依頼をただ待つだけではなく、サイト内のベビーシッター募集掲示板から、条件にあった依頼を探し、アプローチをする方法もあります。

imom(アイマム)

iBaby(アイベイビー)が2009年にオープンしたマッチングサイト。iBabyはマッチングサイトの他に、イベント会場に託児スペースの設営や提供する事業も行なっています。
「定期保育」「イベントシッター」「新生児保育」「病児保育」「外国語での保育」など、提供可能な保育サービスを細かく設定されているので、自分の希望条件に合った人を探しやすくなっています。

Imomはパソコン、スマートフォンだけに対応していて、携帯電話からの新規登録・閲覧などはできません。ベビーシッターとの契約が成立した際には、紹介手数料として1件ごとに3,000円、単発依頼やイベントシッターの場合は1件1,000円をimomに支払います。紹介手数料無料キャンペーンで、2013年8月31日までは紹介料が無料になっています。

保育ママ.com

株式会社カラーリングフィールドが運営するマッチングサイトです。利用料金は全て無料。
ベビーシッターだけではなく、保育ママや保育ママの補助者も登録しているので、自治体の保育ママに認定された保育ママを探すことも可能です。マッチングサービスの他にも、病児保育・病後保育施設の一覧や、イベントの紹介など、育児に役立つ情報も掲載されています。

Facebookを利用してベビーシッターを探す時代がやってくる?

アメリカでは「UrbanSitter」というFacebookアカウントと連携させて、ベビーシッターと依頼者をマッチングさせるサービスがあります。ベビーシッターの検索、事前面談、予約、料金の支払いを全てWeb上で行なうことが可能です。Facebookと連携しているので、ベビーシッターや依頼者がどのような人なのか、普段の様子を知ることもできます。

FacebookなどのSNSが普及しているアメリカらしいベビーシッターマッチングサービスですが、今後日本もSNSがより発達すればFacebookなどのSNSがサービスを使ってベビーシッターを利用したり、仕事の依頼を受けたりする時代が来るかもしれませんね。

カテゴリ:ベビーシッターを雇う