病児保育、一時保育、家事代行...ベビーシッターの利用方法とは?

子どもが熱を出しても仕事が休めない

保育所や幼稚園の場合、37.5℃以上の熱を出した子どもは預かれないようになっています。
また急病になった場合、施設まで迎えに行く必要があります。

他の子供達に病気を移さないようにする為、施設側としても仕方ない対応なのですが、両親は遠方に住んでいて、来てもらうことが難しかったり、仕事を急に休むことができなかったりする場合、大変困りますよね。そんな時に安心なのが「病児保育サービス」です。

ベビーシッターに頼めば、自宅で子どもの看病をしてもらえますし、急に具合が悪くなって迎えが必要になった場合も指定した場所に来てもらうことが可能です。また病院への付き添いや、処方薬の投薬などもしてくれます。

就活の際、企業へのアピールとして

子どもを持つ親(特に母親)の場合、新しく仕事を始めようと思っても、パートや正社員として採用されることが難しい現状にあります。「子どもが病気になった場合、休む可能性が高いので採用しにくい」と言うのが、企業側の考えとしてはあるようです。

育児に協力的な企業で働けることが一番望ましいのですが、就職難の現代では自分の希望通りにならないことも多いです。面接の際「子どもが病気になった場合、両親やベビーシッターなど頼るアテがある」とアピールできることも、就活においては必要になります。

実際にベビーシッターを利用する気がなくても、近くにあるベビーシッターサービスを行なっている会社を調べておくと、いざという時に安心です。

育児に追われて毎日が大変。時にはリフレッシュしたい

一日中子どもと過ごすことに疲れを感じて「たまには子どもから離れた自分の時間が欲しい」と思うことはありませんか。

自分以外に育児をしてくれる人がいれば良いのですが、身近で頼める人がいなかったり、育児知識のない人に子供を見てもらうのは不安に感じたりすると思います。

「一時保育サービス」を利用してみるのは、いかがでしょうか。
育児の知識をもったベビーシッターが見てくれるので、安心して頼むことができます。また子育ての相談に乗ってもらうこともできます。

一時保育サービスは1?2時間から利用可能なので、ベビーシッターに子どもを2?3時間預けて、一人で外に出て休息をとる、ショッピングを楽しむ、昔からの友人と会う......と言うような使い方ができます。

またベビーシッターサービスだけでなく、家事代行をしてくれる所もあります。
「家事に忙しくて子どもと過ごす時間が充分に取れない」場合、家事代行サービスを頼むことで、家事に追われる必要もなくなり、子どもと一緒に過ごす時間も増えます。

核家族化が進む現代社会で、一人か二人の親だけで子どもを育てるのは、難しい世の中になってきました。「困ったことがある場合、お金を払って他者に頼る」ことも選択肢として考えてみるのも良いかと思います。

こちらのページもどうぞ

ご家庭にウォーターサーバー、今や当たり前ですよね。
便利だから私も始めたいと思っている方も多いのではないでしょうか?
でも実際どこのウォーターサーバーがお得?どんなお水を使っているの?
初心者のために大手全社徹底比較しました。
ウォーターサーバーとは

日本全国の投資機関の利回りや資産運用方法をまとめたサイトです。
不動産投資は初心者という方でもわかりやすく、安心してお使いいただけます。
J-REIT初心者入門

カテゴリ:ベビーシッターを雇う